新年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

 

昨年度はトシバウロンサイトをご覧くださりありがとうございました。

 

正直、Facebookなどで近況を書き込むことが多く、こちらのブログはほとんど更新できておらず、メルマガの方もやや放置気味だったな、と反省しています。僅かでもブログをご覧いただいている方には、引き続き見てもらえるように精進したいと思います。

 

昨年は自分にとっては3つ大きな出来事がありました。

 

1:小豆島でのフィールドレコーディング&撮影

2:オーストラリアのJane&Jamesの日本ツアー企画

3:カナダのケルト音楽祭、Celtic Coloursへの参加

 

1は、小豆島に行くことが目的で結成されたバンド、カルマンのレコーディングでした。初めて行うフィールドレコーディングに難しさや戸惑いもありましたが、クラウドファンディングの資金提供を受け、島内のスタッフによる尽力もあり、チームとなって取り組むことができ、その結果、これまで自分が関わった作品の中でも、最も満足のいくものができたと自負しています。

 

2は、外国人ミュージシャンの受け入れとしては、最も長期となる3週間のツアーを行いました。こちらも仕込みからかなり労力を使いましたが、今までにない体験ができました。音楽的な素晴らしさは元より、ミュージシャンの持つ人間的な魅力、それが螺旋のように渦を巻いて、短い期間の中で多くの方を巻き込み、とても素晴らしいツアーに昇華して行きました。企画でこれほど充実した体験はなく、一生の思い出です。

 

3は、私が目標にしていた海外のケルト音楽祭、それも最高峰の一つであるCeltic Coloursに出演することができた、という最も感動的な体験でした。同行してくださったライターの大島さんが「これで死んでも悔いはない」と言ってくださるほど。参加できただけでも光栄でしたが、現地の耳の肥えた聴衆に迎え入れられ、演奏で結果を残し、目標にしていたミュージシャン達と同じステージに立て、自分でも信じられないくらいでした。

いずれも次に繋がるプロジェクトだったと思います。今年は、それぞれのことをよりブラッシュアップさせ、更に高みを目指して行きたいと思います。

 

堅苦しくなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

 

2017年1月5日 トシバウロン

トシバウロンニュース」に参加しませんか?